みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  干支(えと)

干支(えと)

  • 件 (全件)
  • 1

【連載25】今年の干支は亥(い) 8.まとめ

【連載25】では、干支(えと)、猪(いのしし)と豚、そして米、のお話しをしました。

皆さまには、今年の干支・猪とそれにまつわる歴史上の出来事に、興味を持って頂ければ幸いです。

みどりの歯科クリニックは、これからも皆様と共に歩んで行きたいと思っております。
どうぞお気軽にお立ち寄りのうえ、ご遠慮なくご相談下さいますようお願い致します。

 

2019-02-24 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 7.なぜブタが絶えた?(3.食の中心は米)


律令制を支える稲
天智天皇は646年(大化2年)、「改新の詔(みことのり)」で 新しい国の基本方針を示しました。
その第1は、「全ての土地・人民は 天皇(公)が所有・支配する」 ことでした。

これを具現化するため、中国の隋・唐をモデルにした律令制が導入されました。
その中で、戸籍や班田収授制などの整備も進められました。

後者では、「国は人民に農地(田)を支給し、収穫物の稲を徴収する(田租(でんそ))」とされました。
ここで言う稲とは、原則として稲穂の束(穎稲(えいとう))でした。

こうして稲は、律令国家・日本の最も重要な生産物になりました。

農民の困窮と律令制の崩壊
律令国家の農民に課されたのは、田租だけではありません。
男性には庸調という税、さらに、労役・兵役などが課されました。

そのため、手元に残る収穫米はわずかで、食べる物にも困る状況でした。
困窮した農民の中には、戸籍を偽ったり逃亡・浮浪する人も目立って来ました。

開墾田(荘園)が増え、米の生産量も増す
奈良時代初期、食料増産と税収増をめざした、壮大な開墾構想が浮上しました。
743年には、開墾田の私有化を認めつつ税を課す、墾田永年私財法が発布されました。

これを受けて、貴族・大寺社などが積極的に開墾したため、大規模な荘園が数多く出現しました。
さらに開墾田では、私有化により耕作意欲が高まり、生産性が向上しました。

この耕作面積の増加と生産性向上のお陰で、日本の米は生産量を大きく伸ばしました。
こうして、米を中心とした日本的食生活が、社会に広く浸透して行ったのです。


 




 

2019-02-17 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 6.なぜブタが絶えた?(2.神道と穢れ)


律令制の整備が進む
飛鳥時代の日本では、中央集権的な国家を目指して、律令制の整備が進められました。
さらに平安時代中期の967年には、律令の細則である「延喜式」が施行されました(*1)。

全50巻から成る延喜式の最初の10巻は、神道の祭祀(さいし)を扱った部分です。
その第3巻には、穢れに関する重要な規定があります。

穢(けが)れに触れたら忌(い)め
そこでは、「穢れ」として「死・産・食肉」の3つを上げています(*2)。
そして、各々に触れた場合に忌むべき日数を、次のように定めています。

人の死は30日、産は7日、
六畜の死は5日、産は3日、
その食肉は3日

ここで、産とは出産を意味します。
また、六畜とは馬・牛・犬・羊・豚・鶏を指しますが、注記で鶏を除外しています。

社会全体に広まる
国家の法律である律令が、「肉を食べると穢れる」と規定したことの影響は、少なくありませんでした。

この神道の穢れの意識は、まず支配階級である貴族たちの間に浸透して行きました。
やがて時の流れと共に、それが庶民の間にも広まったと考えられています。

こうして、社会全体が「肉を食べると穢れる」と考えるようになりました。

(注記)
(*1) 皇典講究所,全国神職会 校訂(1929):延喜式、上巻、大岡山書店、昭和4至7.
(*2) 尾留川方孝(2013):穢れと供物の相対性―釈奠と神祇祭祀の差異から論じる成文化当初の穢れ観念―, 中央大学人文科学研究所,人文研紀要, 第77号, p.231-262.


 

 

2019-02-10 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 5.なぜブタが絶えた?(1.仏教と殺生)


南方熊楠 (1923)は十二支考の中で、「日本では家猪を飼う習慣が絶えた--」としています。
弥生時代から始まったとされる豚を飼う習慣が、なぜ絶えてしまったのでしょう?

天武天皇の禁止令
そのきっかけは、殺生を禁じる仏教が伝来したことでした。

仏教を手厚く保護した天武天皇は、675年(飛鳥時代)、狩猟などの手法に制限を設けました。
すなわち、落とし穴(檻阱)や、槍が飛び出す仕掛け(機槍)などを禁じたのです。

また、牛・馬・犬・サル・鶏の肉を、農耕期(4~9月)に食べることを禁じました。

しかし、狩猟の代表的な獲物であり、かつ稲作の敵でもある鹿と猪の肉は、禁止の対象外でした。
さらに、「続日本紀」には、鶏や豚の飼育を奨励する記述もみられます。

繰り返された禁止令
動物の保護と肉食の禁止は、天武天皇以降も続きました(*1)。
すなわち、持統・聖武・孝謙・桓武など代々の天皇が、幾度も禁止令を出したのです。

度重なる禁止令の中で、はじめに肉食を避けたのは、貴族たちでした。
そして仏教が広く庶民に普及すると、より多くの人々が肉食を避けるようになりました。

こうして、私たちの祖先は、次第に肉食から遠ざかっていったのです。

獲物と家畜は違う?
一言で肉食を避けると言っても、その内容は様々でした。

例えば、数多い動物の種類のなかでも、足の数が多い動物ほど、敬遠されたようです。
すなわち、4つ足の哺乳類はダメだが、2つ足の鳥なら良かったり、さらに魚ならもっと良い、といった具合です。

また、狩りで得た獲物の肉は食べても良いが、家畜を殺した肉は禁止、というのもあったようです。

ブタの姿が見られなくなった原因は、この辺にもありそうです。

(注記)
(*1) 原田信男(1993):歴史のなかの米と肉,食物と天皇・差別、平凡社選書、1993年.

 

 

2019-02-03 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 4.南方熊楠の十二支考


南方熊楠(みなかたくまぐす)は在野の博物・生物・民俗学者で、広範な分野で数多くの論文を発表しています。
その中の一つが「十二支考」で、大正3年から10年間に渡り、その年の干支をテーマに発表されました。

シリーズの最後は、大正12年、亥(い)の年に発表された「10 猪に関する民俗と伝説」です(*1)。
雑誌「太陽」に発表されたこの記事は、イノシシとブタの話から始まります。

以下ではその概要をご紹介しましょう。

亥はブタの年
最初は「朝鮮風俗集」の引用で、おおむね次のような内容です(*2)。

「『亥』は日本では『イノシシ』である。
しかし、中国や朝鮮では『猪』は『豕(ブタ)』のことで、山猪がイノシシである。
すなわち朝鮮では今年はブタの年である--。」

イノシシはブタの代わりだった
続いて、中国の権威ある文献、「爾雅」および「本草綱目」を引用しながら、次のように述べています(*3)。

「文献にあるように、日本・中国共に『豕(イ)』すなわち『ブタ』を 『猪』と呼んだ。
また、家で飼う家猪に対して、野生の猪を野猪すなわち『イノシシ』と呼んだ。

実際に、日本でも野生のイノシシを家畜化して、ブタとして飼ったことがわかっている(*4)。
その証(あかし)として、猪飼部(いかいべ)と言う呼び名なども残っている。

しかし、日本では家猪を飼う習慣が絶えたため、『イノシシ』を『イ』と呼ぶようになった。」

(注記)
(*1) 南方熊楠 (1923):十二支考 10 猪に関する民俗と伝説, 太陽, Vol.29, 博文館.
(*2) 今村鞆(1914):朝鮮風俗集, 斯道館.
(*3) 爾雅(じが)は、中国最古の類語・語釈辞典で漢代などの古文学研究上、非常に重要な資料とされています.
また本草綱目(ほんぞうこうもく)は、漢方医術の薬用動植物に関する最も充実した著書です.
(*4) これについては、「中国大陸から渡来した弥生人が、日本にブタを持ち込んだ」とする説もあります(*5)
(*5) 西本豊弘(1991):弥生時代のブタについて、国立歴史民俗博物館研究報告 第36集,p.175-193.

 




 

2019-01-27 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 3.十二支と動物たち


十二支に動物たちが結び付く
十二支は、中国最古の王朝・殷の時代から、日付を表すのに使われていました。
しかし、それが動物たちと結び付くのは、秦の時代(紀元前200年代)でした。

それを示すのが、秦代の墓から出土した竹簡(ちくかん)です。
竹簡とは、文字を書くために、竹で作った札(ふだ)のことです。

そこには、十二支と動物たちの対応関係が、次のように書き刻まれていました。

「子は鼠(ねずみ)、丑は牛、寅は虎、卯は兔(うさぎ)、--、亥は豕(ぶた)。」

十二生肖(せいしょう)
この十二支に12の動物たちを割り当てたものを、「十二生肖」と呼びます。
「生」は動物たちを示し、「肖」は似せることを意味します。

なぜ動物たちを割り当てたか? については諸説あるそうです。
一説によると、暦を覚え易くするために、身近な動物たちを割り当てた、のだそうです。

この親しみ易い動物たちのお陰で、今でも十二支は私たちの生活の中に生き続けています。
 

 

2019-01-20 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 2.中国の殷(商)と干支


殷の甲骨文字
干支(えと)の歴史は古代中国の殷(商)の時代にまでさかのぼります。
殷は中国最古(BC17世紀頃~BC1046年)の王朝です。

その遺跡(殷墟)から出土した甲骨には、古文字が刻まれています。
解読を進める中で、それが漢字の原型であることがわかりました。

干支(かんし)で日付を表す
甲骨に刻まれた文には、十干(じっかん)と十二支を組み合わせた語、干支が幾つも現れます。
それは、色々な出来事の日付を表わすのに、干支が使われたからです。

十干の10個と十二支の12個の文字を組み合わせて、60日分の日付を表したのです。
これにより60日、すなわち2か月の周期で、日付を記録することができます。

十干を王の贈り名に付す
殷では先代の王などに対して、その死後に贈り名(諡(し))を奉りました。
これは生前の功績をたたえて贈られるもので、そこには十干(甲・乙・丙・--)が付されました。

例えば、悪政を正そうと夏の国を滅ぼした殷(商)の初代王は、「天乙(てんいつ)」と呼ばれています。
また、徳を積んで諸侯や人民に慕われた第4代王は、「太宗太甲」です。
 



 

2019-01-13 12:00:00

折りたたむ

【連載25】今年の干支は亥(い) 1.「かんし」と「えと」


『新年おめでとうございます。
 今年の干支は亥 -- 』

と言う時の「干支」は、「えと」と読むのが普通です。
一方、これを中国式に音読みすると、「かんし」になります。

ここでは、この「かんし」 と 「えと」についてお話ししましょう。

十干(じっかん) と 十二支(じゅうにし)
「干支」は十干十二支の略語で、十干の「干」と十二支の「支」から成っています。

ここで、十干とは次の10個の語を指します。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

そして、十二支は次の12です。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

干支(かんし) は数を表わす
上の十干と十二支を組合せて作った、60個の語が干支です。

01=甲子、 2=乙丑、03=丙寅、--、 09=壬申、10=癸酉、
11=甲戌、12=乙亥、13=丙子、--、59=壬戌、60=癸亥。

この干支は、日、月、年を始めとして、時間、方位などにも用いられました。

「えと」は「かんし」とは違う
日本では、「干支」を「えと」と読むのが普通です。
そして、読み方だけでなく内容面でも、上の「かんし」とは異なります。

すなわち、十干と十二支のうちの、十二支だけを暦の年に適用します。
そのため、干支(えと)は60年ではなく、12年の周期でやって来ます。

そして今年、2019年は十二支の最後、亥(い)の年です。
 

 

2019-01-06 12:00:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1