みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  花は国・地域の象徴»  【連載24】花は国・地域の象徴 11.茨城県の花はバラ(その2:「茨城」の由来)

【連載24】花は国・地域の象徴 11.茨城県の花はバラ(その2:「茨城」の由来)

【連載24】花は国・地域の象徴 11.茨城県の花はバラ(その2:「茨城」の由来)


「茨城」の名の由来は、常陸国風土記の中の、茨城(うばらき)郡を紹介した部分に記されています(*1)。
以下に、それらの概要をご紹介しましょう。

(1) 茨蕀(うばら)の穴に追い込む
その昔、山の佐伯(さへき)・野の佐伯と呼ばれる、国巣(くず)がいました。
この地方の言葉で言えば、「つちくも」または「やつかはぎ」です。

彼らは、穴を掘ってその中に住んでいました。
そして、人が来ると穴に隠れ、いなくなると野原に出て遊びました。

オオカミやフクロウのような性質であり、また、ネズミのように様子を窺(うかが)っては、物を盗むのです。
土地の人々に招かれ慰められることもなく、また風習も全く違っていました。

その中で、大臣(おほのおみ)の一族の黒坂命(くろさかのみこと)が、「つちくも」を急襲攻撃しました。

彼らが穴から出て遊んでいる間に、穴に茨蕀を詰め込んで、塞いでしまったのです。
それから騎馬兵を放ち、彼らを追ひ立てました。

すると、彼らはいつものように、穴に走り込もうとしました。

しかし、茨蕀のトゲが体に刺さったり、仲間同士の衝突で打撲したりで、大混乱になりました。
中にはこれがもとで死ぬ者もおり、遂に彼らは散り散りになってしまいました。

古老によると、この故事の「茨蕀」をこの地方(県)の名前に、つけたのだそうです(*2)。

(2) 茨(うばら)で城を造る
ある時、山の佐伯・野の佐伯が、手下を率いて盗みや殺しをするなど、国中で大暴れしていました。

そこで黒坂命は、この盗賊たちを滅ぼそうと考え、茨(うばら)で城を造りました。

このことから、この土地は「茨城(うばらき)」と言われるようになった、と伝えられています。

(注記)
(*1) 西野宣明 [校](1839):常陸國風土記.
(*2) 県(あがた)は、3~4世紀(古墳時代初期)に地方豪族が治めた小国家であろう、と考えられています.
そして、「うばら」が「いばら」に変化して行ったのは、このお話しよりもさらに後のことです.

 






 

2018-11-11 12:00:00

花は国・地域の象徴