みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  花は国・地域の象徴»  【連載24】花は国・地域の象徴 15.つくば市の花(その3:花弁から雄しべへ)

【連載24】花は国・地域の象徴 15.つくば市の花(その3:花弁から雄しべへ)

【連載24】花は国・地域の象徴 15.つくば市の花(その3:花弁から雄しべへ)


ユキノシタとホシザキユキノシタ
ユキノシタは、草丈(くさたけ)が20~50 cmで小さな花を数多くつけます。
ユキノシタをさらに細目分類した時の、変種または品種がホシザキユキノシタです。

開花時期は前者が5月~7月、後者は5月下旬~6月です。

この花の特徴を知るには、花弁(はなびら)と雄しべに注目すると良いでしょう。

ユキノシタ
・花弁は5枚
花弁は全部で5枚。うち3枚は花の上側にあり、小さな卵型をしています(長さ約3mm)(*1)。
残り2枚は下側にあり、大きく細長い「ハの字」型です(長さ約15-20mm)。

上の3枚には濃紅色の斑点がありますが、下の2枚は白色です。

・雄しべは10本
雄しべは10本あり、2本の雌しべを囲んでいます。

ホシザキユキノシタ
夜空に輝く星にあこがれたユキノシタが、懸命にその姿を変えたのが、「星咲雪ノ下」かも知れません。
ここではその変身ぶりを見ましょう。

・下側の花弁が雄しべに変身
ユキノシタとの顕著な差は花弁です(*2)。

花弁の総数5枚は同じでも、その寸法が小さい点が目立ちます。
中でも下側2枚の変化が著しく、幅が狭く長さも短くなり、雄しべのように見えます。

極端な例では、下側2枚が完全に退化して、雄しべに変化しています。
その結果、花弁の数は減少して3枚になり、雄しべは増加して12本になります。

この12本の雄しべが、夜空に輝く星のように見えるので、ホシザキユキノシタの名がつきました。

・全ての花弁が雄しべに
最近のホシザキユキノシタ観察では、さらに極端な花も見つかったようです(*3)。
5枚の花弁全てが、雄しべに変化した例です。

雄しべ15本のこの花こそが、「星咲」の名にふさわしい花なのかも知れません。

(注記)
(*1) 国立科学博物館:(ホームページ)/ 研究と標本・資料/標本・資料データベース/植物/野の植物100選/春/ユキノシタ.
(*2) 茨城県自然博物館(1998):第1次総合調査報告書, 1998年3月28日.
(*3) HiroKen花さんぽ:(ホームページ)/野山の花アルバム2/ユキノシタ科/ユキノシタ属/ホシザキユキノシタ.



 








 

2018-12-09 12:00:00

花は国・地域の象徴