みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  ブドウの科学»  【連載26】ブドウの科学 4.フランスの主なブドウ品種

【連載26】ブドウの科学 4.フランスの主なブドウ品種

【連載26】ブドウの科学 4.フランスの主なブドウ品種


フランスの主なブドウ品種
右上図は、フランスの主なブドウ品種を、栽培面積の順に並べたグラフです(*1)。
この上位10品種が、全栽培面積の約7割を占めています。

第1位メルローの栽培面積は11.2万haで、唯一、10万haを超えています。
これに、2位のユニ・ブランと3位グルナッシュを加えると、全栽培面積の1/3以上になります。

メルロー(Merlot)
メルローは、世界中で最も広く栽培されている品種の一つです。

栽培面積も広大で、黒ブドウ品種の中では世界第2位を誇ります。
その中でフランスは、全世界の4割強を占めています(*2)。

フランスで最も重要な産地は、ボルドーおよびフランス南西部です。
最近では、フランス南部の栽培面積増加が目立ちました。

その名前の由来
メルローの原産地は、フランスのボルドーと言われています。
そして「メルロー」という名も、この地方で生まれたのだそうです。

昔々、メドック地方にメルロー(merlau)と言う黒い鳥がいました。
その鳥は、ブドウの木で熟している実を食べるのが大好きでした。

これを見た人々は、そのブドウをメルローと呼ぶようになりました。


ユニ・ブラン(Ugni Blanc)とグルナッシュ(Garnacha Tinta)
メルローと違って、この2品種の栽培地は世界的にかなり遍在しています。

ユニ・ブランの栽培面積は、フランスとイタリアの2か国だけで、全世界の9割強を占めます。
またグルナッシュは、フランスとスペインで全世界の約9割を占めています。

(注記)
(*1) OIV(2017); Distribution of the world's grapevine varieties, the International Organisation of Vine and Wine(OIV).
(*2) OIV(2018); Grapevine Varieties' Area by Country 2015(Latest update; March 2018).


 





 

2019-03-24 12:00:00

ブドウの科学