みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  (夏休み特集)ハワイ»  【連載29】(夏休み特集)ハワイ 4.伝説のサーファー・デューク

【連載29】(夏休み特集)ハワイ 4.伝説のサーファー・デューク

【連載29】(夏休み特集)ハワイ 4.伝説のサーファー・デューク

伝説のサーファー・デューク
デューク(Duke Kahanamoku)はハワイ初のオリンピック水泳選手になると、1912年のストックホルム大会100m自由形で見事優勝しました。

彼は生涯で3度オリンピックに出場し、金メダル3個と銀メダル2個を獲得しています。

しかし彼が残した偉大な功績は、水泳だけではありませんでした。

ハワイの伝統的スポーツ・サーフィンを再興し、ワイキキから世界に広めたのもデュークらでした。

今でもクヒオ・ビーチでは、「近代サーフィンの父」と呼ばれる彼の銅像が、私たちを優しく迎えてくれます。

ワイキキ最大のサーフ・サイト
近代サーフィンのご本家ハワイには、島々の各地にサーフ・サイトがあります。

その中でも大きな波で有名なのが、ワイキキの「キャッスルズ」です(*1)。
ワイキキだけでなく、オアフ島南海岸(サウス・ショア)全体を見ても、ここが一番有名です。

そのキャッスルズには、伝説に由来するもう一つの名前、「カレフアウェヘ」があります。

Kalehuawehe = ka(定冠詞) + lehua(レフア) + wehe(はずす)。
2番目の語「レフア」はオヒアレフアの花ですが、ここでは、その花で作った花輪(レイ)を指しています。

その昔、レフアのレイを身に着けた若者が、それをはずしてプリンセスに贈り、このサイトで一緒にサーフィンを楽しんだのだそうです。

(注記)
(*1) John R. K. Clark(2002): Hawai'i Place Names : Shores, Beaches, and Surf Sites, Univ. of Hawaii Press, Honolulu.


 




 

2019-08-18 12:00:00

(夏休み特集)ハワイ