みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  (夏休み特集)ハワイ»  【連載29】(夏休み特集)ハワイ 9.デュークスのビュッフェと伝統料理

【連載29】(夏休み特集)ハワイ 9.デュークスのビュッフェと伝統料理

【連載29】(夏休み特集)ハワイ 9.デュークスのビュッフェと伝統料理

デュークス・ワイキキはビュッフェがおすすめ
デュークス・ワイキキで特に人気があるのが、ビュッフェ形式の朝食とランチです。
そしてランチタイムには、ビュッフェだけでなくアラカルトも楽しめます。

朝食ビュッフェは7時から10時半まで。18ドルという安さですが品数はとても豊富です。

例えばエッグベネディクト、パンケーキ、フレンチトースト、そしてヨーグルト、チーズ、ソーセージ、ベーコン。
果物類ではパパイヤ、パイナップル、メロン、オレンジ、グレープ、そしてグリ-ンサラダ。
さらにトロピカルジュース、コーヒー、紅茶などがあります。

人気のオムレツ・コーナーでは、多彩な具材の前に長い行列ができます。
でも、シェフのフライパンさばきに見とれていると、すぐにアツアツのオムレツが焼き上がります。

カルアポークはハワイの伝統料理
ランチビュッフェのメニューの中に、カルアポークがあります。
蒸し焼きにしてほぐした豚肉はとても柔らかく、キャベツと良く合っています。

このカルアポークはハワイの伝統料理で、かつては、儀式や特別のお祝いの時に作られました。
カルア(kalua)は、「地中オーブンで焼く」と言う意味です。

会場の片隅で地面に穴を掘り、真っ赤に焼いた石を敷きました。
これが地中オーブンで、ハワイでは「イム(imu)」と呼びます。

焼石の上にバナナの葉を敷いたら、豚をまるごと入れて、上からバナナの葉で覆います。
こうしてイムの中で長時間じっくりと、豚を蒸し焼きにするのです。

このカルア(地中オーブン)で焼き上げたポーク(豚の肉)を、細かく裂いたのがカルアポークです。


 




 

2019-09-22 12:00:00

(夏休み特集)ハワイ