みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  かぐや姫»  【連載30】かぐや姫 6.物語が始まる

【連載30】かぐや姫 6.物語が始まる

【連載30】かぐや姫 6.物語が始まる


冒頭の7つの文
竹取物語のなかでも、冒頭部分は教科書でもお馴染みで、最もよく知られています。
翁(おきな)が、竹の中のかぐや姫を見つけ、我が子にしようと思い、家に持ち帰る部分です。

以下に引用した、冒頭を飾る7つの文(青色フォント)をお楽しみ下さい(*1)。

竹取の翁の紹介
今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。

野山にまじりて(*2)竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。
名をば、さぬきの造(みやつこ)となむ(*3)言ひける。


かぐや姫を発見
その竹の中に、もと(*4)光る竹なむ一筋ありける。

あやしがりて寄りて見るに、筒の中(なか)光りたり。
それを見れば、三寸(*5)ばかりなる人、いと美しうて居たり。


姫は翁の養女に
翁言ふやう(*6)、

「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて(*7)知りぬ。
子になり給(たま)ふべき人なめり(*8)」とて(*9)、

手にうち入れて(*10)家へ持ちて来ぬ。



(注記)
(*1) 文のベースは「武藤(むとう)本」、かつて最古の写本と言われた流布(るふ)本系の本文です.
実際には 「塚原鉄雄(1976):竹取物語の文章構成,中古文学,1976年,17巻, p.5,[資料四].」などを参考にしました.
また、(*2)~(*10)の箇所には、ご参考用に現代語表記などを付しました.

(*2)まじりて:分け入って. (*3)なむ:強調の係助詞. (*4)もと:根元が. (*5)三寸:約9cm. (*6)言ふやう:言うには. (*7)おはするにて:いらっしゃることで. (*8)なめり:であるようだ. (*9)とて:と言って. (*10)手にうち入れて:手の中にそっと入れて.


 

 

2019-11-10 08:00:00

かぐや姫