みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  かぐや姫»  【連載30】かぐや姫 10.月に帰らねばなりません

【連載30】かぐや姫 10.月に帰らねばなりません

【連載30】かぐや姫 10.月に帰らねばなりません


かぐや姫が嘆く
竹取の翁(おきな)は、月を見ては嘆くかぐや姫のことが、心配でなりません。
八月十五日が近づいたある日、かぐや姫は泣きながら翁に言いました。

月に帰らねばなりません
・(原文) (*1)
「-- さのみやはとて、うち出(い)で侍(はべ)りぬるぞ。
おのが身は、この国の人にもあらず、月の都の人なり。

   --- 中略 ---
この月の十五日に、かの本(もと)の国より、迎へに人々まうで来むず。
さらずまかりぬべければ、
思(おぼ)し嘆(なげ)かむが悲しきことを、この春より、思ひ嘆き侍るなり」


・(現代語訳)
「-- しかし、そうばかりはしていられないと思い、打ち明けるのです。
私の身は、この世界の人では無くて、月の都の人です。
   --- 中略 ---
この月の十五日に、あの本国から、私を迎えに人々がやって来るでしょう。
どうしてもお別れしなければならないので、
(おじいさん、おばあさんが)お嘆きになると思うと悲しくて、この春から思い嘆いているのです」

家中が悲しみに包まれる
これを聞いた翁が、悲しさのあまり怒り泣きわめきます。
そしてかぐや姫もおいおい泣き、家中が深い悲しみに包まれたのでした。

(注記)
(*1) さのみやは=さ+のみ+やはさ(然)=そのように、やは=[反語]~だろうか? いや, ~ない。
うち出づ=口に出して言う, 打ち明ける。
侍りぬる=侍り+ぬる[(ぬ)の連体形]侍り=~(て)おり)ます、=[完了]~てしまう。
=地上(⇔天), 世界, 日本。
さらず=避らず=避けることができないで, やむを得ず。
まかる=罷る=(「行く,去る」の謙譲語) 参ります, おいとま致します。
思し嘆く=(「思ひ嘆く」の尊敬語) 嘆き悲しむ。


 

 

2019-12-08 08:00:00

かぐや姫