みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  十二支と動物たち»  【連載31】十二支と動物たち 1.「子」はネズミ

【連載31】十二支と動物たち 1.「子」はネズミ

【連載31】十二支と動物たち 1.「子」はネズミ


神様が動物たちを集める
その昔、神様が動物たちに言いました。

「元旦の朝、私の所に新年の挨拶に来なさい。
1番から12番までに来た者を、1年間ずつ大将にしてやろう。」

ウシが一番に出発
「足が遅いから」 と言って、ウシはまだ夜も明けぬうちに出発しました。
その時、こっそりとネズミがウシの背に乗ったことに、誰も気づきませんでした。

ウシは休みなく歩き続けたので、神様の家に着いた時は、まだ門が閉まっていました。
「自分が一番乗りだ!」と大喜びしたウシは、門の前で待つことにしました。

ネズミが門に飛び込んだ
やがて日が昇り門が開いた、その時です。

ウシの背からネズミが、大きくぴょんと飛び跳ねました。
そして牛よりも先に、門の中に入ってしまいました。

この最後の大逆転で、ネズミが神様に1番に挨拶し、ウシは2番になりました。

「子」はネズミ
神様は1番から12番までの動物たちを、干支すなわち十二支(子・丑・--)に割り振りました。
こうして、十二支の一番「子」はネズミ、二番「丑」がウシ、に決まりました。


 



 

2020-01-12 08:00:00

十二支と動物たち