みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  アドリア海を行く»  【連載32】アドリア海を行く 11.スプリットのローマ皇帝宮殿

【連載32】アドリア海を行く 11.スプリットのローマ皇帝宮殿

【連載32】アドリア海を行く 11.スプリットのローマ皇帝宮殿

スプリットに建つ宮殿
ローマ皇帝ディオクレティアヌスは退位後の人生を、故郷の近くに建てた宮殿で過ごしました。

現在、この宮殿はスプリット旧市街とも呼ばれ、クロアチアで1、2を争う人気の観光スポットです。

宮殿を囲む城壁と門
宮殿は周囲に城壁をめぐらし、その長さは東と西面が各々約215m、南と北面は各々約180mにおよびます。
その4隅には大きな塔が立ち、また南面の城壁は、かつて海に面していました。

東西南北・各城壁面の中央には門があり、各々、銀の門、鉄の門、銅の門、金の門、と呼ばれています。
北面の金の門は、ダルマチア州の都サロナに通じていました。

中心はぺリスティル広場
東西の門を結ぶ道路の南側には、重要な建物が並んでいます。

それらの中心をなすのがぺリスティル広場です。
美しい列柱(peristyle)に取り囲まれており、かつては宮殿の中庭でした。

神と皇帝の空間
広場の東側にあるのは聖ドミヌス大聖堂、最も見応えあると評判のスポットです。
ディオクレティアヌス皇帝のキリスト教迫害で殉教した、サロナの司教ドミヌスが祀られています。

当初は皇帝の霊廟(れいびょう)でしたが、キリスト教徒により石棺が破壊され、遺体も失われたままです。

広場の西側はキリスト教の洗礼堂ですが、当初はジュピター神殿と呼ばれ、ローマ神話の主神が祀られていました。

そして広場南側には円形の吹抜け広間があり、その先には皇帝の居住空間が広がっています。


 



 

2020-04-26 08:00:00

アドリア海を行く