みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  ギリシャ神話とアネモネ»  【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 2.アドニスがアネモネに変身

【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 2.アドニスがアネモネに変身

【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 2.アドニスがアネモネに変身


お話しの続きは「変身物語」
古代ローマで大人気だった詩人、オウィディウスの代表作は「変身物語(メタモルポセス)」です(*1)。
これはギリシャ・ローマ神話の集大成とも言われる名著で、後のシェイクスピアなどにも大きな影響を与えました。

ここではその変身物語に沿って、前回お話ししたアドニスの死の続きをご紹介しましょう。

神々の酒ネクターをふりかける
女神アフロディーテは、深い悲しみに打ちひしがれながら、
愛するアドニスの血の海に、甘い香りのネクターをふりかけました(*2)。

すると彼の血だまりは、直ぐに泡立ち始めました。
それはあたかも、雨で水たまりが泡立っているようでした。

真っ赤な愛らしい花が湧き出す
1時間もしないうちにアドニスの血から、真っ赤な愛らしい花が湧き出てきました。
それはちょうどザクロの花のようです。

なぜって、ザクロは花を咲かせると、堅い皮に包まれた果実を付け、
その中に種を隠しているのですから。

はかなさがアネモネの魅力
しかし、アドニスの花が人々を惹(ひ)き付けるのは、
風に弱くはかない命のためで、「アネモネ」の名の由来も、そこにあります(*3)。

手で揺らせたりすると、その細長い形状を保ち切れず、すぐに弱い茎の部分から折れてしまいます。

(注記)
(*1) Ovid, Metamorphoses Book 10,  by Brookes More, Boston, Cornhill Publishing Co. 1922.
(*2) ネクターと言う語を分解すると、(nektar=nek(死)+tar(克服力))で、ギリシャの神々が飲む不老不死の酒、を意味します。
(*3) アネモネ(anemone)と言う花の名は、「風」を意味するギリシャ語"anemons"に由来します。
英語では"anemone"(属名)または、"windflower"(コモン・ネーム)と呼ばれます。


 



 

2020-06-14 08:00:00

ギリシャ神話とアネモネ