みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  ギリシャ神話とアネモネ»  【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 3.赤く染まるアドニス川

【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 3.赤く染まるアドニス川

【連載33】ギリシャ神話とアネモネ 3.赤く染まるアドニス川


アネモネは地中海東部の花
アネモネは原産地である地中海東部で、沿岸地帯を中心に分布しています。
国で見ると、ギリシャからトルコ、シリア、レバノン、そしてイスラエルに至る地域です。

国名レバノンは白い雪に由来
そのなかでレバノンは、暑い中東にありながら、冬には山々が真っ白に雪化粧します。
首都ベイルートから北東に70kmほど進むと、そこはもう山岳地帯の村アフカ(Afqa)です。

アドニスの名を持つ川
村の大きな洞窟からは、川が流れ出ています。
その名はアドニス川、あのギリシャ神話の美少年、アドニスの川です。

冬になると激しい雨が降るため、この川に赤い土砂が流れ込みます。

赤く染まった川の岸にアネモネが咲く
赤くなった川を見た人々は、「アドニスの血だ」と言います。
アドニスが赤い血を流して死んだ2月、アドニス川は毎年赤く染まります。
そして岸辺には、バターカップが真っ赤な花をつけるのです(*1)。

(注記)
(*1) アネモネはキンポウゲ科の中の1つの種です(キンポウゲ科イチリンソウ属アネモネ(Anemone coronaria))。
一方、英語圏ではキンポウゲ科(Ranunculaceae)を、"buttercup family(バターカップ科)"とも呼びます。
この場合、アネモネはバターカップ科の中の1つの種です。


 



 

2020-06-21 08:00:00

ギリシャ神話とアネモネ