みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  ギリシャ神話とスイセン»  【連載35】ギリシャ神話とスイセン 3.自分の声を失くしたエコー

【連載35】ギリシャ神話とスイセン 3.自分の声を失くしたエコー

【連載35】ギリシャ神話とスイセン 3.自分の声を失くしたエコー


夫の浮気に悩まされる女神ユノ
ローマ神話では最高位の女神ユノが、夫で最高神でもあるユピテルの浮気に悩まされます。
そしてこれに巻き込まれたのが、ニンフと呼ばれる美しい精霊たちの1人、エコーでした。

おしゃべりの間に夫が逃げた
おしゃべりが大好きなエコーは、女神ユノを引き留めては、話し込んでいました(*1)。
するとそのすきに、女神の夫に抱かれたニンフたちが、逃げ出してしまったのです。

だまされた女神が怒る
だまされたことに気付いた女神は、怒り狂ってエコーに言い放ちました。
「お前の舌がとめどなく動くお陰で、ニンフたちを逃がしてしまった。

その舌を役立たずにしてやろう。
お前の際限ない話しを、ずっと短くするのだ。」

エコーは他人の声をまねるだけ
女神がこう宣言した途端、エコーは激しい苦痛に襲われました。

この時以来、エコーは他人の声をまねることしか、出来なくなりました。
そして今でも、他人が話した最後の言葉を返しているのです。

(注記)
(*1) Ovid. Metamorphoses (Translated by More, Brookes.(1922)), Book 3, 5.Narcissus and Echo,[359].


 

 

2020-08-30 08:00:00

ギリシャ神話とスイセン