みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  ギリシャ神話とスイセン»  【連載35】ギリシャ神話とスイセン 6.池に映った自分を愛す

【連載35】ギリシャ神話とスイセン 6.池に映った自分を愛す

【連載35】ギリシャ神話とスイセン 6.池に映った自分を愛す


銀色に輝く泉
その昔、澄みきって銀色に輝く泉がありました(*1)。
その水は動物たちにも汚されず、限りなく清らかでした。

真昼の暑さの中、狩りに疲れたナルキッソスは水辺に横になり、のどの渇きを癒(いや)しました。

池に映った自分に一目惚れ
そして池に写った自分に魅せられた彼は、その実体のない姿を愛してしまったのです。
あまりの驚きに、顔はこわばり身動きも出来ず、彫刻のように固まってしまいました。

襲いかかる飢えや疲労による苦しみも、彼を池から引き離すことは出来ませんでした。

叶(かな)わぬ恋を嘆く
一瞬、顔を上げた彼は、両腕を差し伸べて森の樹木たちに言います。

「私の目の前のこの運命の人が、私を虜(とりこ)にしたのです。
しかし私の心を躍らせるその人を、両腕で抱くことが出来ないのです。

一体どんな不思議な思い違いが、2人の愛を邪魔しているのですか?

自分を愛していた!
そうだ、わかったぞ! 自分自身を愛していたのだ。
あまりにも私が美し過ぎたので、水面に映った自分を愛してしまったのだ。」

(注記)
(*1) Ovid. Metamorphoses (Translated by More, Brookes.(1922)), Book 3, 5.Narcissus and Echo, [407],[435].


 

 

2020-09-20 08:00:00

ギリシャ神話とスイセン