みどりの歯科クリニック

つくば市みどりの駅の歯科

029-875-8921
〒305-0881 茨城県つくば市みどりのA70-8

ブログ紹介

上記のQRコードを携帯電話で読み取りますと医院の情報がご覧になれます。

HOME»  ブログ記事一覧»  (夏休み特集)ハワイ»  【連載11】(夏休み特集)ハワイ 2.ハワイ諸島を生んだホットスポット

【連載11】(夏休み特集)ハワイ 2.ハワイ諸島を生んだホットスポット

【連載11】(夏休み特集)ハワイ 2.ハワイ諸島を生んだホットスポット

ホットスポットで島が出来るまで
地球上に数多くある中でも、ハワイのホットスポットは最も典型的です。

ホットスポットの下、地球の奥深くにあるマントル層内では、マントルが循環しています。

深部から上昇して来たマントルは、プレート下面に衝突します。
すると、マントルの大半は向きを変え、再び深部に下降して行きます。

 

しかし、一部の部分溶融したマントルは、マグマとなってプレートを突き抜け、海底火山を形成します。

それが成長し続けると、やがて海面上に現われて火山島になります。

現在のハワイ島も同様で、地球奥深くにあったマントルが、マグマとなってプレートを突き抜け、火山島を作ったのです。

ハワイの島々を作り続ける
マウイ島、オアフ島など、ハワイ諸島の島々は、皆このホットスポットで1つずつ作られました(*1)。
どの島もプレート上に出来たので、その後はプレートと共に西北西に移動しています。

例えばホノルルがあるオアフ島は、約300万年前に形成されて現在の場所まで移動した、と推定されます(*2)。

 

そして今また、ハワイ島の南東沖合約35kmで、新しい島づくりが進んでいます。
ロイヒ(Loihi)海山と呼ばれる、幼年期の海底火山が活発に活動しているのです。

その山頂は現在 海面下975mですが、1~10万年後には海面上に姿を現わす、と予測されています。

ハワイでは、未だ無い島を「ロイヒ島」と呼んだり、島の土地が「40ドル」で売られたりと、話題を呼びました。

(注記)
(*1) 杉山明(2005):天皇海山列 一 発見 ・命名のいきさつと生成の謎 一, 地球科学 59巻, p.72-79, 2005年.
(*2) ホットスポット(現ハワイ島)とオアフ島の距離≒200km、速度=9cm/年 から、移動所要年数=距離/速度 = 200*1,000*100/9 = 2,222,222年≒200万年。これに、ハワイ島が形成された時期≒100万年を加算すると、200+100=300万年になります.
 
 

2016-08-14 20:26:00

(夏休み特集)ハワイ